• 1111月

    化粧品販売のコーナーのイベントでフェイシャルマッサージをやってもらうことがあります。
    こういうコーナーにおられるかたはみんなきれいにお化粧されているし、若い方が多いようです。
    接客もよくてシミしわがたくさんあるおばさんにとっては癒しのひと時でもあります。

    話題もこちらに合わせてくれるし、いい香りの新商品でマッサージしてもらえるし、いいことずくめなのですが、一つだけ。

    エステティシャンのかたの手がびっくりするほど冷たいことがあるのです。
    夏場の熱い時ならまだいいのですが、ほほに触られるとなんだかぞくっとして、「手、冷たいんですねえ」というと
    「ええ、冷え性なんですよ」っていう返事が返ってきます。
    マッサージといえば体が温かくなりちょっときもちよく眠くなるイメージがありまして、それにはやはり体の温度をちょっとあげてそのあとにひんやりした手で、できれば施術の最後、毛穴を引き締めるときであってほしいなあといつも思います。

    実は私自身も整体の仕事をしていまして、仲間はみな手が温かい人ばかりなのです。
    整体とマッサージはまったく別なので一概に言えませんが、体にふれる仕事に携わる方には手が温かいほうがいいなあと思っていいます。

    topページ

    Permalink Filed under: マッサージ 手の温かい方が希望です。 はコメントを受け付けていません。